東京都練馬区&茨城県日立市のピアノ&ソルフェージュ音楽教室  
   
TOP>「基礎」とは?
 

 「基礎がなってない」「基礎ができていないから弾けないのよ」

よく聞く言葉です。では「基礎」とは一体何なのでしょうか?

 「もっと音色感を持って」「多彩なタッチで」など、「音色」や「タッチ」も「基礎」と同じくらいよく使われる言葉ですが、かなり抽象的なものでピンと来ない人も実は多いのではないでしょうか?私は大学を卒業しても分かりませんでした。

 実はこの辺の言葉は、言っている人の受けてきた音楽教育によっても、全く意味合いが違う場合もあるような気がします。私自身、「多彩な音色」がどのようなものなのか、何となく分かってきたつもりでいますが、それでもある人にとっては全く「多彩な音色」には聴こえない場合だってあるのです。

 話が少し逸れてしまいました。さて、「基礎」ということですが、技術的な面の「基礎」を語る上でよく取り上げるものの代表格に「脱力」があります。全てのパッセージにおいて無理がなく、自然な奏法をおこなう上で、脱力は切っても切れない関係にあります。僕が受けてきた音楽教育の中で「基礎がない」とは、つまり奏法に無理があるなど、技術的にどこか難がある人に使われることが多いように感じています。

 脱力についてはまたそのうち書いてみようと思っていますので省きますが、仮に脱力をマスターし、ある程度難しいパッセージも弾けるようになったら、「基礎」を身に付けたと言えるのでしょうか?

 ピアノ演奏とは自己表現のひとつの手段であり、ピアノ弾きは音楽作品を自分の演奏を通して聴衆に伝えるものです。「音」で自分の音楽を語ることが、演奏者としての使命です。つまりいつまで経っても先生から指使いやペダリング、ましてや譜読みの手伝いをされている段階では、いくらテクニックがしっかりしてたとしても音楽の「基礎」ができたとはいえないと思うのです。生徒自身の力で正確に譜を読み、適切な指使いやペダリングが付けられて、初めて自分の音楽らしさというものが生まれてきます。そして「基礎」とは、本来そこまでカバーしなければいけないものだと考えています。

 ピアノ講師は、いつまでも技術や音楽を事細かく教えるのではなく、生徒が自分で音楽を奏でるためにどうしたらいいのか、ということを考える必要があると思っています。特にピアノの道を考えている人の場合、早く一人立ちし、あとは現役のピアニストや専門の先生に先輩としてのアドヴァイス、コンサートホールでの演奏法、舞台マナーなどを学ぶのが理想です。

 なるべく早い段階で正確に楽譜を読めるようにする、言葉で言うのは簡単です。そしていつまで手取り足取り教えるべきなのかも分かりません。ただ、今そのための効果的な指導法をいくつか考えて取り組んでみたいと思っています。