東京都練馬区&茨城県日立市のピアノ&ソルフェージュ音楽教室  
山崎裕&濱本愛ピアノ音楽教室
教室の特長 講師紹介 レッスン料金 アクセスブログお問い合わせ
TOP>音楽高校・音大受験
 

 教室開講10年目の2015年3月現在、幼少期から指導してきた生徒4名が音楽高校に進学しました。音楽は、本人のやる気や能力は当然のことながら、幼少期にどれだけ良い指導を受けてきたかが重要です。また、専門の道を考えているのでしたら、コンクールとのバランスも気をつけたいところです。能力があっても、コンクール漬けで育ってきた子は教本の進度が遅く、譜読みやレパートリーの拡大に大きな障害となっていることも少なくありません。
 
 例えば小学5,6年生がバッハ:インベンションを1曲を持っていれば、1年間で3,4つのコンクールを掛け持ちすることができます。例えそれで良い結果が出せたとしても、吸収力が一番大きい時期に、ずっと同じ曲を弾き続けることは決してその子の将来のためにはなりません。もし、良い結果を出せるだけの実力があるのであれば、その能力をレパートリー拡大の方に使うべきなのです。(幼少期のコンクールは一年に1つ、多くても2つで十分です)
 
 音楽の道は早めに決めれば決めるほど、その準備に時間がかけられます。たくさんの可能性を秘めた子供が音楽だけに絞るのはとても勇気のいることです。ただ、教本の進度が恐ろしく低くても音楽高校、音大に進むことは難しくない現在においては、入学後の音楽生活の豊かさは幼少期に決まってしまうのです。教本はどんどん進んでいるに越したことはありませんし、譜読みも早い方が何倍も多くのことを勉強できます。
 
 藝大附属高校のように課題曲が多い場合は、レッスンも頻繁で2~3時間は必要になります。受験が近づいてくれば毎日8~10時間の練習は当たり前ですし、教室がお休みの時には一日中レッスン室で練習してもらいながら、要所要所でレッスンしています。
 難易度の高い学校の場合は、受験月の1月からは学校をお休みして練習とレッスンに専念する場合も出てくるでしょう。
 
■年齢と教本の大体の目安
 (音高・音大で充実した勉強をしていくために必要と感じているレベル)

 
 ブルグミュラー:25の練習曲(幼児~小2)
 ソナチネアルバム1&2巻(幼児~小5)
 J.S.バッハ:インヴェンション全曲 (小1~小5)
 J.S.バッハ:シンフォニア全曲 (小3~中2)
 J.S.バッハ:平均律クラヴィア曲集(中1~ )
 ツェルニー:30番練習曲全曲(小1~小5)
 ツェルニー:40番練習曲(小4~中2)
 モシュコフスキー:15の練習曲Op.72 抜粋(中1~中3)
 ショパン:練習曲(中1~ )
 ベートーヴェン:ソナタ1,5,6,8,9,10,19,20あたりの数曲(小5~中学)
 
 
■何かの参考になればと思い、下記に課題曲と演奏曲を書いておきます。
 
Tさん(小学3年より指導)
2013年度 東京音楽大学附属高校(ピアノ専攻)入学

入試課題
 
(1)「バッハ平均律」第Ⅰ巻又は第Ⅱ巻より任意の 1 曲(フーガのみ)
(2)次の㋑〜㋭の練習曲集より、任意の 2 曲を選択すること(異なる作曲家も可)。
  ㋑ チェルニー 50 番
  ㋺ クラマー・ビュロー 60 番
  ㋩ クレメンティ
  ㋥ モシュコフスキー Op.72
  ㋭「ショパン練習曲集(Op.10、Op.25)」(ただし Op.10-6、Op.25-7 を除く)

(3)自由曲(6 分程度。ただし 4 分以上であること。)
※一部省略する場合は、その箇所を専攻別曲目記入票に記入すること。
 
受験演奏曲
 ・J.S.バッハ:平均律クラヴィア曲集第1巻より21番 変ロ長調
 ・ショパン:練習曲 Op.25-1「エオリアン・ハープ」、Op.25-2 (計2曲)
 ・ベートーヴェン:ピアノソナタ第7番 Op.10-3 より 第1楽章
 
 ■メモ
  準備中
 

Aさん(小学1年より指導)
2014年度 東京藝術大学附属音楽高校(ピアノ)入学

入試課題(2013年9月中旬課題曲発表)
 

 (A課題)
 1.J.S.バッハ/フランス組曲1~6番より1曲選びアルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグを演奏。
 2.ショパン/演奏曲 Op25-1、Op.10-4の2曲を演奏。

(B課題)
 ベートーヴェンの下記のソナタより1曲を選択。
 2番 作品2-2 イ長調
 7番 作品10-3 ニ長調
 11番 作品22 変ロ長調
 
受験演奏曲
(A課題)
 ・J.S.バッハ:フランス組曲第5番より、アルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグ
 ・ショパン:練習曲 Op.25-1「エオリアン・ハープ」、Op.10-4 (計2曲)
(B課題)
 ・ベートーヴェン:ピアノソナタ第2番 Op.2-2 全楽章 ※当日は1楽章全部と4楽章途中まで
 
   ■メモ
  教室開講当初入会した生徒の一人で、ピティナ全国大会、学生コンクールで本選、全国まで進んだことがあります。中2で芸高進学を志望し、それからソルフェージュを下記のOさんとグループレッスンを開始。ショパンの10-4、ベートーヴェンのソナタは、大変苦労しました。自宅から教室まで近いこともあり、こまめにレッスンしました。角野裕先生に師事。

 

Oさん(小学5年より指導)
2015年度 東京芸術大学附属音楽高校(ピアノ)入学

入試課題(2014年9月中旬課題曲発表)
 
(A課題)
 1.J.S.バッハ/イギリス組曲2~5番より1曲選びそのプレリュードを演奏。
 2.ショパン/夜想曲 Op15-1 ヘ長調、Op.15-2 嬰ヘ長調のどちらかを選択。
 3.ショパン/練習曲 Op.10-5またはOp.10-8を選択。

(B課題)
 ベートーヴェンの下記のソナタより1曲(全楽章)を選択。
 5番 作品10-1 ハ短調
 6番 作品10-2 ヘ長調
 9番 作品14-1 ホ長調
 10番 作品14-2 ト長調
 
受験演奏曲
(A課題)
 ・J.S.バッハ:イギリス組曲第3番より、プレリュード
 ・ショパン:夜想曲 Op.15-2 嬰ヘ長調
 ・ショパン:練習曲 Op.10-5 「黒鍵」
(B課題)
 ・ベートーヴェン:ピアノソナタ第5番 ハ短調 Op.10-1 全楽章

 
■メモ
 移動に片道2時間かかる生徒でしたが、ほぼ休みなしで5年間通ってきています。中学2年時、学生音コンで本選入選。中3で藝高受験を決め、角野裕先生に師事。冬休み中は、3~5日に1回くらいのペースでレッスンしました。ソルフェージュは、上のAさんとのグループレッスンで中1から指導しました。聴音メロディ、2声、4声、新曲視唱、初見、楽典と幅広く指導しました。

 

Oさん(小学2年より指導) ※日立教室出身
2015年度 東京音楽大学附属音楽高校(ピアノ演奏家コース)入学

入試課題 
 
A課題もしくはB課題を選択
 
A 課題
(1)「バッハ平均律」第Ⅰ巻又は第Ⅱ巻より任意の 1 曲(プレリュードとフーガ)
(2)「ショパン練習曲集」(Op.10、Op.25)より、任意の 2 曲
    (ただし、Op.10-6、Op.25-7 を除く)
(3)自由曲(10 分以上であること。2 曲の組み合わせでもよい。)
※一部省略は認めない。ただし、繰り返しはその限りではない。

B 課題
自由曲(20 分以上であること。1 曲、又は数曲の組み合わせでもよい。)
  ※一部省略は認めない。ただし、繰り返しはその限りではない。
 
受験演奏曲(B課題選択)
 ・ハイドン:ピアノソナタ Hob.XVI/41 変ロ長調 (全2楽章)
 ・リスト:バラード第2番
 
■メモ
 日立教室の生徒であったため、受験1週間前より東京の学生会館(ピアノ練習室付)に滞在。入試直前は毎日、東京教室に練習、レッスンへと通いました。中2より参加した夏期・冬期講習でご指導いただいた石井克典先生に師事。


(参考)近年の藝高入試課題曲一覧(ピアノ)
2014年度
 
 (A課題)
 1.J.S.バッハ/フランス組曲1~6番より1曲選び
     アルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグの4曲を演奏。
 2.ショパン/演奏曲 Op25-1、Op.10-4の2曲を演奏。

(B課題)
 ベートーヴェンの下記のソナタより1曲を選択。
 2番 作品2-2 イ長調
 7番 作品10-3 ニ長調
 11番 作品22 変ロ長調
2015年度
 
(A課題)
 1.J.S.バッハ/イギリス組曲2~5番より1曲選びそのプレリュードを演奏。
 2.ショパン/夜想曲 Op15-1 ヘ長調、Op.15-2 嬰ヘ長調のどちらかを選択。
 3.ショパン/練習曲 Op.10-5またはOp.10-8を選択。

(B課題)
 ベートーヴェンの下記のソナタより1曲(全楽章)を選択。
 5番 作品10-1 ハ短調
 6番 作品10-2 ヘ長調
 9番 作品14-1 ホ長調
 10番 作品14-2 ト長調
2016年度
 
 (A課題)
 1.J.S.バッハ/フランス組曲1~6番より1曲選びアルマンド、サラバンド、ジーグを演奏。
 2.シューマン/アベッグ変奏曲、リスト/パガニーニ練習曲6番より一曲選択。

(B課題)
 ベートーヴェンの下記のソナタより1曲を選択。
 2番 作品2-2 イ長調
 3番 作品2-3 ハ長調
 4番 作品7  変ホ長調
2017年度
 (A課題)
 1.J.S.バッハ/平均律クラヴィーア曲集第2巻より 一曲選択
    ハ短調
    ニ短調
    ロ短調

 2.ショパン/バラード2番、3番から一曲選択

(B課題)
 ベートーヴェンの下記のソナタより1曲(全楽章)を選択。
 16番 作品31-1 ト長調
 17番 作品31-2 ニ短調
 18番 作品31-3 変ホ長調 
2018年度
 
入試課題(2017年9月14日課題曲発表)
 

 (A課題)
 1.J.S.バッハ/平均律クラヴィーア曲集第1巻より 一曲選択
    二長調
    ニ短調
    ホ長調
    ホ短調
    嬰へ長調
    イ長調

 2.シューマン/アベッグ変奏曲、ショパン/華麗なる変奏曲 Op.12から一曲選択

(B課題)
 ベートーヴェンの下記のソナタより1曲(全楽章)を選択。
 3番 作品2-3 ハ長調
 4番 作品7 変ホ長調
 
【タグ】東京藝大 附属高校 芸高 ピアノ 受験 課題曲 東京音大 ピアノ演奏家コース
演奏動画
体験レッスンの会

発表会
コンクール・オーディション
初回レッスン
導入期のレッスン
レッスンの見学
ピアノデュオのレッスン
大人のレッスン
中学受験とピアノ

基礎って何?
最後に